MMS研究会

環境変異原を検出するには,科学的に検証された試験系の開発が重要であることは言うまでもありません.1970年代後半からそのメカニズムの研究と試験方法の確立と検証を目的としてきた小集団活動グループ優性致死試験研究会と小核試験研究会は,それぞれの目的を達成するために,発展的に統合し、1982年哺乳動物試験研究会(MMS研究会:Mammalian Mutagenicity Study Group)として発足いたしました.初代代表幹事には国立遺伝学研究所の土川清博士が就任され,哺乳動物を用いた変異原研究のアクティブな研究者集団として,各試験法の技術的な問題の解決,その普及などの活動を開始しました.その後,日本環境変異原学会はMMS研究会を公認分科会として承認し,その活動を支持するようになりました.

MMS研究会は設立の目的を達成するために,これまでに多くの共同研究を実施し,特に小核試験に関しては,国内ガイドライン策定のみならず,ICH及びOECDのガイドラインに,その成果が大きく寄与し,欧米の研究者のみならず日米欧の行政当局にも大きな影響力を与えるようになりました

【目的】

哺乳動物を用いる各種変異原性試験について検討し、この分野の研究の発展に務めるとともにヒトへの安全性評価に寄与する.

【活動】

  1. 定例研究会を年2回行う。1回はJEMS大会開催の時とし、定例会の形式は大会の組織委員会と協議する
  2. Original Dataの発表および討議
  3. 各種の情報交換
  4. その他の協議事項

その他の活動:

  1. 特定テーマについての共同研究
  2. 会員相互の研鑽のための研修会
  3. 会員または非会員対象の講習会・ワークショップ
  4. Standard Protocolの検討
  5. Mutation Research誌の公式スポンサーとして、投稿に便宜を図る
  6. MMS News等の発行

【共同研究の実績】

MMS研究会の実施してきた共同研究の一覧を下記に示します.

  1. 小核試験におけるマウスの性差に関する研究
  2. 小核試験におけるマウスの系統差に関する研究
  3. 小核試験におけるマウスの投与経路差の研究 (ip vs po)
  4. 小核試験におけるマウスの投与回数の研究
  5. 小核試験におけるAO 超生体染色法の検証
  6. IARC モノグラフ掲載の発ガン物質と小核試験の相関
  7. 小核試験におけるマウスのエイジングの影響 (spontaneous MN)
  8. 小核試験におけるマウスのエイジングの影響 (induced MN)
  9. ラットを用いる末梢血小核試験
  10. トランスジェニック動物での遺伝毒性試験の検証 (MutaMouse)
  11. 造血系細胞以外を用いた小核試験の開発と検証(肝、腸、皮膚、生殖器官)
  12. 遺伝毒性試験のリスク評価
  13. 4週間反復投与小核試験
  14. Toxicogenomics
  15. 遺伝毒性試験におけるIn vitro- in vivo 結果と発がん性試験結果との相関性
  16. ヒト細胞を用いた試験の開発と検証
  17. Comet assay の検証
     Comet Assay 国際共同研究の実施(2012年2月現在継続中)
  18. 成熟ラットを用いた反復投与肝臓小核試験法の検討(2012年2月現在継続中)

【国際シンポジウムの共催】

  1. 5th International Symposium on Chromosomal Aberrations
  2. 8th International Symposium on Chromosomal Aberrations

【ワークショップ・フォーラムの開催】

  1. コバンスTokyo フォーラム
  2. 染色体異常試験法ワークショップ(実技実習と講義)

【MMS研究会ホームページ】

http://www.mms-J.org

【入会の申し込み】

MMS研究会 ホームページから、松元庶務幹事(matsumoto@iet.or.jp)までご連絡をお願いいたします。

MMS研究会
会長 森田 健